FC2ブログ

記事一覧

実は飼えるペット5選を紹介!!

動物を飼おうかな~と思っているそこのあなた!

これから、紹介する5匹の動物も実は飼えます。

飼う動物を決めるのは、この5匹の動物について知ってからでも遅くはないと思います。

実際に飼うかどうかは置いて置くとしても知っておいて、損はないと思います。

話のネタになりますからね。







1. アルパカ
2. カピバラ
3. フェネック
4. ピラニア
5. ミニブタ
6. まとめ




20190323220551c5f.jpg




1. アルパカ

クリクリの目に長いまつ毛が特徴的なアルパカは、動物園でも人気ですよね。

アルパカは日本で唯一生産・販売をおこなっている牧場があり、ペットとして飼うことができます。

その価格相場は180~200万円ほどと高額で、飼育するスペースも広大な敷地が必要です。

また草食動物の習性上多頭飼いは必須なので、お迎えの際はかなりの予算を用意する必要があります。

少し臆病ですが優しい性格なので、慣れてくれば飼い主には社交的に接してくれますよ。

餌は乾草をメインでそれに補充食として麦、オーツ、コーン等の穀物類やミネラルと新鮮な水も必要です。



2. カピバラ

癒し系動物として度々名前が上がるカピバラ。

世界最大の齧歯類として知られていますが、ほのぼのとしたお顔やおっとりとした動きが何とも愛らしい動物です。

あまりペットショップに流通することはありませんが、ネットショップやエキゾチックアニマルを扱うお店で入手する事ができます。

価格は約70万円前後で、同じ齧歯類のモルモットと比較すると約350倍もの値段に。

また食欲も旺盛で1日2~3㎏の食事をとるので、食費もかなりかかる動物です。

餌はメインに乾草、補充食に果物に野菜、



3. フェネック

フェネックと聞いても、あまりイメージが湧かないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

犬にもキツネにも似ている愛らしい顔立ちが特徴的で、ペット愛好家の中で注目の動物です。

その価格はペットショップの場合100万円前後、ブリーダーから購入する場合は70万円前後と、価格に差があります。

性格は臆病で警戒心が強いですが、感情表現が豊かなので慣れると色々な仕草をして甘えてくれますよ。

餌はドッグフードを基本とし、タウリン補充のためキャットフードも混ぜて与えます。

毎日でなくて大丈夫ですが、おやつとして果物、生野菜なども与えるようにしましょう。


4. ピラニア

残忍な人食い魚のイメージのあるピラニアですが、日本でも普通に購入することができます。

そのイメージとは違い、実際は臆病でデリケートな性格をしており、飼育する際は多頭飼をすることをおすすめします。

価格は400~700円と手ごろで水質の変化や病気にも強いため、飼育難易度も低めと言えるでしょう。

餌は基本的には生餌ですが人工飼料も大丈夫です。



5. ミニブタ

ミニブタは最近人気がでてきたペットです。

大人になっての大きさは育て方や個体にもよりますが、平均的には50kgで大きなものだと100kgにもなります。

価格は販売元によって幅がありますが、大体5万円~15万円の間に収まるのが一般的です。

餌はミニブタ専用フードを与えるようにします。

他におやつとして、りんご、野菜類、イモ類などを与えます。



2019032322040360b.jpg




6.まとめ
いかがでしたか?

アルパカって飼えるんだ~やミニブタも飼えるのか、など色々と驚かれたと思います。

この記事を読んで、興味を持った方は是非とも飼ってみてください。

最後にあなたが最高のペットに会えるように願っています。




関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

幸せの探検家たぬぽん

Author:幸せの探検家たぬぽん
こんにちは、たぬきです。
色々な本を読んでいます!
その本の知識を少しでも皆さんの生活に役立てられればなと思っております。
趣味は映画鑑賞です。
スパイダーマンが大好きです。
ニュースを良く見るので、ニュース関係も皆さんに紹介出来ればなと思っております。
コメントお待ちしております。

最新コメント

月別アーカイブ